哈日

 



 話題に出ているNHKの番組はちらっとだけしか見ていない(台湾の老人が教育勅語を諳んじられると訴える場面だけ)。
 なので、感想を読んだ感想になってしまうが

 ブログ「台湾は日本の生命線」
  証言の「断片」のみ放映―台湾の被取材者が怒る反日番組「NHKスペシャル/シリーズ・JAPANデビュー」を読む限りでは、日本の侵略面に重点を取り上げたものだと感じられる。


他方
 ブログ「コナームタ・セイディーナ」
   「台湾=親日」 では(名指ししていないが「台湾は日本の生命線」のエントリに)対して
 “批判する前提が、「台湾=親日」という幻想にあるとは、まったくもって辟易しますね”と“戦後台湾の対日観・対日感情は、事情に複雑で重層的”であるのを無視している、また番組の内容自体からも親日的雰囲気が抹消されてたわけではないと批判をしている。

 さらに
 ブログ「過ぎ去ろうとしない過去」
  NHKスペシャル『アジアの“一等国”』が伝えようとしたもの  では“コロニアルな視線の獲得こそ日本が「文明国」の仲間入りをする条件であったという事実から、「近代」とは何だったのかという本質的な課題を提示するものであった。(略)台湾は「親日」か「反日」かという議論は、「台湾問題」を「日本問題」としてとらえていないものであり、したがってこの番組の意図を正しく読み取れていない”と指摘している。”


 それぞれのエントリを読めば、下2つの批評は首肯されるものだと思う。

 番組を見ていないので、私自身の番組自体への感想も批評も持ち得ないが、「台湾=親日」という前提ゆえに、台湾に対する日本の支配の及ぼした被害を取り上げることを「反日」と騒ぐのは、ブログ「コナームタ・セイディーナ」の指摘通り複雑で重層的な台湾の被支配の歴史を無視することになるだろう。
 

 ただ、ブログ「台湾は日本の生命線」で“被害者”とされる 柯徳三さんをNHKが台湾同化政策被害の中心人物として取り上げるのは難があったのかもしれない。

  
 柯徳三さんは、当ブログのエントリ「非/国民」で台湾問題で述べるのに取り上げた “公学校に入った時、級の中に内地式に育った人が一人いたが、私はその友達を見て、台湾語を全然知らないということは、どんなに幸福だろうかと思った。台湾語を全然知らないということは、それだけ内地人に近いと考え、ただそれだけのことで、組中の尊敬の的となり、組の大将になることができた。”と嘆き、日本人になろうと必死に勉強して公学校から名門台南一中、そして仙台二高・東大医学部へと進んだ葉盛吉の立場に近く、差別をなくそうとするのではなく、(ひとまず)差別をされないために差別する側へ回ろうとした植民地エリートなのだ。
 そこには台湾の同化教育の精華とされたのに内心では冷めた目を日本に向けていた黄鳳姿のように「平等」を求めるのではなく中華思想を含んだ面従腹背するエリート家庭や日本人だと信じて疑わずに育ち戦後に深刻なアイデンティティの危機を迎え(再び日本の宗教を信仰することで同化して危機を乗り越えた)た王恵美のようなエリート家庭といった帝国日本において「平等」だった存在は見えない。
また、 「反日/日本人」で取り上げた中村輝夫こと李光輝のようにエリートでもなく、ただ同化教育を受け、そのまま戦争に日本人として戦い、そして日本に捨てられて死んでいった被害者でもない。
 
 ブログ「過ぎ去ろうとしない過去」で紹介されているように“植民地支配にたいする評価が、証言の中で豹変する瞬間、その地点に台湾植民地問題の本質”があるというのは重要で素晴らしい着眼だと思うが、「台湾=親日」という前提を持つ人々は気付かないだろうし、台湾の被占領史を知らない人々なら(ブログ「台湾は日本の生命線」が書き起こしているような証言の紹介ならば)「日本は悪いことをしました」という有りがちな感想で終わってしまい、結局、分かる人だけが分かるという番組になってしまったのではないだろうか。
 そして、なにより番組に取り上げられた柯徳三さんは無理な“被害者”の型にはめられるという番組制作の弱点を引き受けさせられてしまったように推測される。
 見る側の問題も当然にあるが、日本における台湾のとらえ方の複雑さを考えれば、作り手は誰に伝えようとするのか、そのための表現のコスト、慎重さと洗練のバランスをいかにとるのかが作り手に問われるのも当然だと思う。
 番組を見ていないので、あくまでも推測であり、感想の感想だが、そう思える。




 
[PR]
by sleepless_night | 2009-04-13 21:38 | メディア
<< 公然と。 Yes,we can! >>