2005年 07月 03日 ( 1 )

どうしてストーカーなのか?

恋愛や結婚、性をテーマとして、どうして「マザコン」やストーカーについて話すのか?
 恋愛や結婚の対象として想定されることのない存在を取り上げるのはなぜなのか?

 それには二つの理由があります。
 一つは、そのような対象は、恋愛や結婚などの異性(同性)関係の基盤の性質をゆがんだ形で拡大されたものだと考えるからです。対象として外に置かれた存在ということは、内外を区別するための線引きがあり、その線が作り出した形こそが、その時代・社会の恋愛や結婚などの異性(同性)関係を表すと考えられます。一般的に想定されるものの内容を検討する以上に、明瞭に理解ができると期待するのです。

 もう一つは、ここまでの姿勢からも分かるように、自分達が一般的で普通だと思っている、または推奨・賛美されるべきとされる思考態度に、対象として想定されない・忌避される存在を引き付ける・育む性質が隠されていると考えるからです。
 「頼りがい」や「レディー・ファースト」で述べたように、聞こえの良い思考態度には、それの持つ意味、それが導き出す結果を考える機会が一般的に与えられているとは言いがたいのが現状です。
 「頼りがい」も「レディー・ファースト」も、それを生み出した時代では問題を起こさなかったはずです。なぜなら、それらは時代や状況と適合していたからです。しかし、その時代や状況が大きく変化しているにも関わらず聞こえのよさという感覚だけが残り、現在にも通用しています。
 つまり、都合の良いところだけを採用しているのです。しかし、良いところだけ採用したつもりになっても、現実にはその言葉には言葉が生み出された時代・社会が引きずられています。結局それが、関係のなかで問題を生じさせてしまい、時代が進むにつれ頻度が増していると考えられます。それを示すために、「マザコン」やストーカーと言う否定され対象外に置かれた存在と、一般的で普通・推奨・賛美されるべきだとされる思考態度との底通点が適していると考えるからです

 次回ストーカーとは何か?/騒音オバサンと野口英世から、ストーカーについて、そしてストーカーを端緒に現代の関係へ、現代を起点にして恋愛・結婚などの異性(同性)関係の歴史について話を進めていきます。

 
[PR]
by sleepless_night | 2005-07-03 20:35 |